Project Description

メンバーになる
寄付する

【豚肉の悲しい現実】北海道の豚舎で閉じ込められた豚が1600頭焼け死ぬ

20日午後、北海道網走市の養豚会社「インターファーム」の豚舎で火事があり、子豚など合わせておよそ1600頭が焼け死んだと見られています。

豚はとても頭が良く、感情的な動物で、人間のようにストレス、恐怖感、苦しみ、痛みなどを感じますが、日本の農場の89%では、母豚は何年間も非常に狭い妊娠ストールに閉じ込められます。

震災の際、母豚は逃げることもできず、恐怖に怯えながら焼け死んだり、圧死したりします。

妊娠ストール © Farm Sanctuary

妊娠ストール © Farm Sanctuary

震災に遭わない豚たちも同様に大変苦しんでいます。

肉にされる豚の多くは生後麻酔なしで尻尾、歯、睾丸を断ち切られ、過酷な環境下で殺されるのを待ち続けるしかありません。

しかし、食事を食べるたびに、私たちには豚の命を救う機会があります。

豚肉をやめることで、二度とこのような悲劇的な事件が起こらないようにすることができます。

菜食ガイドへ

この記事が気に入ったら してね

© Copyright 2016 アニマルズジャパン | All Rights Reserved |