Project Description

メンバーになる
寄付する

【研究結果】菜食は世界を救う?!

肉食の及ぼす環境問題、健康問題、そして畜産動物たちの問題に対する意識の高まりとともに、ベジタリアンの人口は非常に増えてきています。

現在ベジタリアン人口は6億人以上にものぼりますが、もし世界中の人々がお肉や魚介類をやめたら、世界にどんな変化が起こるのでしょう?

その答えは、最近発表された画期的な研究にあります。その研究では、肉食と菜食の及ぼす社会的な影響が分析されました。その驚くべき結果とは?

世界中の人々がベジタリアンになったら、年間の死亡者数は700万人以上も低下する

saishoku-isha

お肉はコレステロールや血管を詰まらせる飽和脂肪酸を非常に多く含みます。発癌性の化学物質もお肉に含まれているので、肉食は心臓病、ガンなどの病気に繋がりやすくなります。

それに対して、植物性食品はコレステロールがなく、ビタミンとミネラルがたっぷり含まれています。さらに、食物繊維やファイトケミカルのようなお肉でとれない栄養は植物性食品にたくさん含まれています。

従って、世界中の人々がベジタリアンになったら健康な人が増え、年間の死亡数は730万人も低下するという結果が出ました。皆がヴィーガンになった場合、800万人以上もの人の命が救われます。

菜食は、農業による温室効果ガスを70%もカット

vegetarian-midori-chikyuu

国連によると、畜産は世界の車、トラック、船、飛行機などを合わせたよりも多くの温室効果ガスを排出しているそうです。

世界中の人々が動物性食品をやめたら、農業による排出量は70%も低下します。

皆がお肉をやめたら、2800兆円以上節約できる!

4-2-2016-okane

肉食の及ぼす健康問題、環境問題などで、大きな経済的負担がかかります。

研究によると、世界中の人々がベジタリアンになったら、治療費などの健康問題に取り組むためのお金は、年間約100兆円も節約できるそうです。

さらに、肉食は地球温暖化、森林破壊、汚染、水不足、資源の浪費などの環境問題の原因でもあり、さらに深く肉食の経済的な影響を分析していくと、菜食は年間2800兆円も節約できるという事がわかります。

もっと明るい未来を作りたい?身体・環境・動物にやさしい菜食をとりいれてみましょう。完全にお肉や乳製品をやめなくても、消費量を減らすだけでも、より良い世界が作れます。

© Copyright 2016 アニマルズジャパン | All Rights Reserved |