Project Description

メンバーになる
寄付する

知らなかった!スーパーの卵の恐ろしすぎる事実・・・

日本の卵の消費量は、世界一、二位を争っています。

多くの日本人は、子供の時から毎日卵を食べてきたので、一度も卵の生産に疑問を抱いたことがないかもしれませんが、実はスーパーの卵の裏側には恐ろしい事実があります。

その現状を知ったら、もう二度と卵をこれまでと同じ目で見れなくなるでしょう。

1. 卵はタバコと同じくらい心臓に悪い

tamago-tabako

卵はコレステロール値が非常に多く、ある研究によると毎日卵を食べることは、タバコを吸うことと同じ程心臓病のリスクを上げるそうです。

2. オスのヒヨコは殺処分される

osu-hiyoko-shredder-tamago

採卵鶏として飼育されている鶏種は肉用に向いていないため、雌雄鑑別を行った直後、不要なオスのヒヨコは毎年何億羽も生きたまま大型シュレッダーにかけられ、殺処分されます。

3. ヒヨコは、麻酔なしでくちばしを切断される

tamago-niwatori-kuchibasi-setudan

卵を産むメスの鶏は、麻酔なしで神経が通っているくちばしを切断されます。

4. 鶏は哀れな一生を、狭い檻の中で送る

niwatori-battery-cage

© Farm Sanctuary

日本において、ほとんどの卵はバタリーケージという非常に狭い檻の中で生み出されています。

バタリーケージの1羽当たりの広さは約22cm×22cmで、A4サイズの紙程です。これは、人間が二年間をずっと満員電車の中で過ごすようなものです。

5. 鶏たちは自由に動くことも、日を浴びることも出来ない

niwatori-tamago-jijitsu-4

© We Animals

その狭い檻に閉じ込められた鶏たちは、死ぬ日まで苦しみ続けます。多くの鶏は、屠殺場に連れて行かれるその瞬間まで、一回も翼を広げることも、日当たりを浴びることもできません。

6. その過酷な環境で、病気やストレスで死ぬ鶏もいる

niwatori-tamago-jijitsu-mfa

© Mercy for Animals

ストレス、病気、痛みに耐えられなくなり、死ぬ鶏は少なくありません。

7. その死体が片付けられるのに、何日もかかる時がある

niwatori-tamago-jijitsu-sitai

同じバタリーケージに何羽も閉じ込められているため、苦しみながら仲間の死体の上に何日間も立たないといけなくなる時もあります。

8. 鶏は残酷な方法で殺される

niwatori-tosatsujo

約二年間後、採卵鶏はベルトコンベア式に足をつるされ、首を切られます。完全に失神せずに、生きたまま熱湯の中に入れられ、羽を抜かれる鶏も多くいます。

美味しいヴィーガン料理を取り入れましょう

卵をやめたいけど、代わりに何を食べればいいわからない?実は、卵を使わなくても、美味しいスクランブルエッグ、オムレツ、ケーキ、クッキーなどのお菓子が簡単にできます!

今度、スーパーに行った時、カゴに卵を入れないことだけで、動物と健康に優しい選択ができます。

この記事が気に入ったら してね

© Copyright アニマルズジャパン | All Rights Reserved |